2024.02.11

2.4GHz帯を活用...改善なるか?

 我が家の無線LANの課題は、メインルーターから最も遠い2階の寝室までいかに電波を飛ばすか、という点です。また映像配信サーバーはどこでも快適に視聴できるように2階の書斎に置いており、これは振動・騒音の観点からも変えたくない。一方で周辺の電波の混み具合を考えると、複数のチャンネル域を使った運用は避けたいところ。
 そこで、メインルーターの2.4GHz運用を、2階書斎にある子機を中継器に変更して移管することにしました。つまりルーターから中継器までは5GHz帯、中継器から寝室子機までは2.4GHz帯とし、帯域を変えてつなぐことでアンテナを有効活用する作戦です。


 メインルーターの2.4GHzランプが消灯し、代わりに中継機の方が全点灯しました。
(画像に触れると表示が変化します)

 寝室子機がWi-Fi 5対応機に留まるため、リンク速度は最大600Mbpsとなります。ただしDVDのビットレート並みの速度が出さえすればいいので、理論値の上ではこれでも充分。あとは映像のプチ切れが生じるかどうかです。これは時間帯を変えながらテストしてみないと、狙い通りの性能が出ているかは判断できません。


 寝室子機は2.4GHzで接続しています。最大リンク速度は600Mbps。

 一方、2.4GHz帯でしか接続できないYAMAHAのWi-Fi対応スピーカーの接続先までの距離が近くなり、音楽再生に使うiPhone 11も2.4GHz帯につなげたことで、寝室で時々起きていた音楽のプチ切れは解消しました。もともと2階にあったプリンターも接続安定化が期待できます。また、デジカメや古いAmazonタブレットも2階へ接続することになりますが、これらはもともと高速性を要求したデバイスでもないので問題ありません。
 さて、これで問題が解消すると嬉しいのですが。

2024.01.31

ESETに回帰

 火曜日、帰宅すると妻から「Macがインターネットにつながらないので、診て」と打ち上げがありました。確認したところ確かにネットワーク接続ができていない。ただ、電波は拾っているのでハードの故障ではなさそう。いったんWi-FiのON/OFFを行ったところ復旧しましたが、何かがおかしい。そういえば数日前、「Norton 360」のファイアウォールが暴走し、遮断警告が頻繁に出ていたのを思い出しました。確証はありませんが、関連していそうな気がする。
 そこでNortonをアンインストールし、代わりに「ESET Cybersecurity」を導入しました。以前はこちらを利用していたのですが、Apple Siliconへの対応が遅かったのでNortonに乗り換えた経緯があります。ただ、もうM1 Mac登場から3年以上経過したので、さすがにもうその点は大丈夫なはず。UIが以前とはかなり変わっていたので設定と機能拡張の有効化に戸惑いましたが、問題なく動いているようです。


 こちらの方が見た目も動作も上品な気がする。

 また、妻と自分で環境を分けるとトラブル発生時に対処が難しくなるので、自分の「MacBook Pro」も翌日にNortonからESETに変更しました。しかし、macOS上のセキュリティソフトの設定の煩雑さは何とかならないものですかね...。

2024.01.24

「iOS/iPadOS 17.3」「macOS 14.3」更新

 前日、Appleから「iOS/iPadOS 17.3」「macOS Sonoma 14.3」がリリースされたので、この日手持ちのデバイスすべてに更新をかけました。細かな修正や機能追加がメインですが、セキュリティ対策も入っているようです。また、私の環境では「HomePodソフトウェア 17.3」も対象でした。

2024.01.21

しつこい警告

 最近Macを使っていて、よく下のような警告に出くわします。セキュリティソフトのファイアウォール機能のようです。Webブラウザ「Firefox」に加えて「Adobe Creative Cloud」のサブプログラムの頻度が非常に高い。特に最近いちいち出現するようになりました。
 これでは作業にならん...。


 前はこんなに出なかったんだけど...何が変わった?

 セキュリティソフトのバージョンアップで出るようになったように思えます。開発元のWebサイトを見ると、どうやら既知の不具合らしい。ファイアウォールのルールに登録されたアプリケーションをリストから一度外し、再登録することで治る場合があるらしい。早速やってみました。
 一応今のところ再発はしていませんが...こういうのは早く修正して欲しいところです。

2024.01.21

共振問題...一応解決

 自宅2階に設置している映像配信サーバーですが、少し前から「ウォンウォン」という唸り音が聞こえているのが気になっていました。そこで一度分解し、ドライブを止めているネジを締め直したりしてみたものの効果なし。ところがベイに装着しているHDDの順番を入れ替えてみると、振動が少なくなりました。このことから基板から遠い側にあったドライブの振動が原因と推定。そこでこのまま運用することにしました。


2台のドライブを入れ替えました。現在RAID 1構成を修復中...。

 HDD2台のRAID 1で運用していたので、ドライブの入れ替えに伴いストレージプールの修復が必要になりました。幸い1台のボリュームは失われなかったので、単純に1台を初期化して再構成して復活できそう。現在修復中ですが、データ約4TBほどで12時間ほどかかりそうです。
 やはり金属筐体に直接ドライブをマウントするタイプは、騒音・振動面では不利ですね。

2024.01.21

引っかかる...

 先週末、今週末と自宅2階の寝室で映像配信サーバーからの動画を見ていた際に、再生の引っかかりが気になりました。サーバー自体も2階にあり、Wi-Fiアクセスポイントの中継機能を使って配信しています。機器はWi-Fi 5ですが、5GHz帯の電波を使っているため、帯域が足りないわけではありません。実際、メディアプレーヤーの再生テストでも40,000kbps以上出ています。
 となると 、中継機能でプチ切れが起こるのではと考え、古いWi-Fiアクセスポイントを再度引っ張り出して別チャンネルで寝室専用の接続を仕立てました。


 ひとまず、Wi-Fi 5機器で専用接続を構築。

 メッシュ機能を持つ機器に全取り替えするのがいいのかもしれませんが、なにぶんコストがかかる上にWi-Fi 7が視界に入りつつあるので、さすがにそこまでは踏み込めません。が、このアクセスポイントは発熱が大きいので、気温が低いうちはこれでつなぎ、夏までに安価な2アンテナ仕様の製品に置換したいなあ、と思っています。

2024.01.06

ついに100%切り

 愛用の「MacBook Pro (14-inch, 2021)」のバッテリー容量が「99%」表示になりました。使用開始からちょうど2年2ヶ月、充放電回数179回です。


 ついに「100%」を切りました。劣化は徐々に進んできてます。

 前の2013年モデルとの比較で言えば、ここまでかなり引っ張れたように思います。やはり80%以上や20%以下の状態で長く置かないということは、劣化抑制に効果はあるようです。