2024.03.30

MICHELIN「PILOT SPORT 5」に交換

 CR-Zのタイヤ交換をしてきました。前回と同じく「TIREHOOD」というオンラインのサービスを使って製品選択と交換作業予約を行い、よく給油するGSで作業をお願いしました。なお、前回交換からの走行距離はちょうど4年半で23,000km。コロナ禍があったのであまり距離を伸ばせず、ちょっともったいない感がありますが、安全最優先で履き替えました。
 タイヤはMICHELIN製スポーツコンフォートモデルの最新版「PILOT SPORT 5」を選択。なお、このクルマは新車装着タイヤが「PILOT SPORT 3」だったので、これで3→4→5と同じシリーズで更新してきたことになります。


タイヤの黒色で足回りが引き締まりました。こちらが新しいタイヤです。
(画像に触れると表示が変化します)

 側面の刻印を確認したところ、24年第4週のタイ生産でした。約2ヶ月なので比較的新しいモノに当たったのは素直に嬉しい。空気圧は前後とも約230kPaということで、本来のあるべき値からするとちょっと低めに入れられてしまいました。次回のお出かけ前には再調整しなければ。


側面のメーカー&モデルマーク。トレッドパターンは非対称になっています。
(画像に触れると表示が変化します)

 交換後、早速一般道を80kmほど走って来ました。最初はハンドル操作に対してわずかに反応の遅れ感が出ましたが、熱がある程度入ってからは収束し、徐々に食いつき感が上がってきました。初期の剛性感は前の「PILOT SPORT 4」よりも高いように思えます。
 もう少し性能が発揮できるであろう、次の遠出が楽しみです。

2024.03.17

4年半で交換

 CR-Zのタイヤ交換を申し込みました。以前と同じく「TIREHOOD」の利用です。今履いているタイヤ「PILOT SPORT 4」のトレッド端のひび割れがそろそろ厳しい状況なのは分かっていたので、以前から在庫情報をマメにチェックしていました。ところが狙っているMICHELIN製のタイヤは在庫が不安定で、候補に現れてはすぐに消えてしまいます。このため発注はタイミングを逃さないようにするのが肝要なようです。
 そんな中でこの朝チェックすると、狙っていたシリーズ最新版である「PILOT SPORT 5」の在庫があることが判明。手持ち資金の観点では悩ましいタイミングでしたが、安全には代え難いので3月中の交換を即決し、予約を申し込みました。


これで3→4→5と履き替えることになります。

 それにしても驚いたのは費用。4年半前に交換した際には8.8万円だったのが、今回は11万円超になる見込み。石油製品は総じて高くなっていますが、25%増しというのはやっぱりキツいです。

2024.03.03

F1 2024シーズン開幕

 F1開幕戦バーレーンGPはレッドブルが1−2フィニッシュを飾りました。特にフェルスタッペンは後続に20秒以上の差をつけ、まさに圧勝。フェラーリ、メルセデス、マクラーレンがそれに続く展開になりました。今シーズンもレッドブルを主軸に展開していくのは間違いなさそうです。
 また中団もタイム差は小さく、非常にタイトな争いが続きそうです。

2024.03.02

CR-Z 納車10年の12ヶ月点検

 CR-Zの12ヶ月点検に行ってきました。2014年3月に乗り始めて今回がちょうど10年の節目。特に不具合は感じていなかったので、エンジンオイルの交換だけお願いしました。
 持ち込みから1時間半ほどで作業は終了。点検結果の報告は丁寧で、下のように写真付きで状態を説明してくれました。これはありがたいサービスです。


写真付きの報告書で結果を説明してもらえました。

 バッテリーがやや放電気味だったものの、それ以外は概ね良好な状態ということでした。ただしタイヤはひび割れが進行しているので、早期に交換するよう勧められました。タイヤも製造から5年が経過しているので確かに交換時期です。ボーナスが出たらすぐに交換に行こう。


前輪で使ってきた方ですが、かなりひび割れが出てきました。もう替え時です。

2024.02.21-02.23

F1プレシーズンテスト

 バーレーンで今期のF1プレシーズンテストが始まりました。今年もDAZNで全セッションが中継されていたので、時間がある時に視聴。  全体を通してみると、サーキット設備のトラブルで長い赤旗中断があったもののクルマのトラブルは少なく、各チームは程度の差はあれそれなりに走りこめたようです。
 注目はやはり昨シーズンに圧倒的な強さを見せたレッドブルで、大方の予想を裏切り大きくカウル形状を変えてきました。まさかの昨シーズンの再来もありか? 一方タイヤ劣化に苦しんだフェラーリはその弱点を潰してきたようで、今年は接戦が期待できるかも。昨年後半にコンセプトを変えたメルセデスもレベルが上がってきているようです。マクラーレン、アストンマーティンも昨年並みの位置にはいるのかな。中段に目を向けるとRB(旧アルファタウリ)、ザウバー、ハースあたりの争いが激しくなりそうで面白くなる予感。次週の開幕が楽しみです。
 なお、中東開催の開幕2戦はラマダンにかからないようにするため、木曜FP1〜土曜レースのパターンになるそうです。